TS-BASE 受発注

2023.12.20

在庫管理で抱える課題とは何か?対処方法・システムの選び方も詳しく紹介

在庫管理で抱える課題とは何か?対処方法・システムの選び方も詳しく紹介

目次

在庫管理において、在庫の過不足や検索性・人的ミス・品質バラツキなど、さまざまな課題に直面している企業も少なくないと思います。この問題に対処する方法としては、業務標準化やサービス導入が欠かせません。

この記事では在庫管理で抱える主な課題と対処方法、システムの選び方について紹介していきます。在庫管理業務でお悩みを抱えている方はぜひご覧ください。

在庫管理の主な課題

まずは、在庫管理の主な課題を説明していきます。

在庫の過不足

在庫管理における課題の一つが、在庫の過不足です。

在庫管理では、商品やサービスの品質を保ち顧客満足度を高めるためにも、適切な在庫数を維持することが重要です。在庫が過剰になると、余分なコストやスペースの浪費、商品の劣化リスクが生じます。一方、在庫不足では顧客の要求に応えられず、売り上げ機会の損失や顧客の信頼を失うことに繋がります。

そこで在庫管理ができるシステムやサービスを導入して、適切な管理、需要予測の精度を高め、過不足を防ぐ必要があります。

検索性の低さ

在庫管理における主要な課題の一つに、検索性の低さもあります。

在庫データは入出荷の記録を含めているため膨大であり、必要なデータを迅速に見つけ出すことは困難です。また、在庫そのものについても、どこにどれだけ存在するのかを正確に知らないと、過剰在庫や不足のリスクが高まり、結果として顧客サービスに影響を与えかねません。

この課題を解決するためには、在庫データベースを最適化し、検索機能を強化する必要があります。先進的な在庫管理システムやサービスを導入すれば、データの可視化と迅速なアクセスが可能となり、在庫管理の効率を大幅に向上できるでしょう。

人為的ミスの多さ

在庫管理における大きな課題の一つに、人為的ミスの多さもあります。

在庫管理は細かな記録作業が多く、在庫の移動や入出庫のたびに情報が変化するため、人的ミスが発生しやすい業務です。例えば、誤った商品の入力や数量の間違いなどが発生すると、業務に大きな影響を与えます。具体的には、過剰在庫や品切れ、誤出荷など、ビジネス全体の効率に悪影響を及ぼす可能性があるのです。

人為的ミスを減らすためには、在庫管理を行えるシステム・サービスを導入し、自動化やリアルタイムの在庫追跡をすることが重要です。例えばバーコードスキャナーや RFID タグの使用は、手動エラーを減らし、作業効率を向上できます。また、従業員のトレーニングを強化し、在庫管理プロセスの標準化を図ることも有効です。サービスを導入すれば、在庫管理の精度が高まるでしょう。

業務品質のバラツキ

在庫管理における課題の一つに、業務品質のバラツキもあります。

在庫管理は、精度と一貫性が求められる業務であり、担当者ごとに手順や方法が異なると、効率が低下します。データの不整合や運用ミスが生じ、ビジネスに悪影響を及ぼすのです。

この課題を解決するためには、在庫管理のプロセスを標準化し、すべての担当者が同じ手順に従って作業を行うことが重要です。標準化されたプロセスとマニュアルを導入することで、業務の一貫性が保たれ、品質のバラツキを最小限に抑えられます。

さらに、定期的なトレーニングや業務の監査を行うことで、スタッフのスキル向上と在庫管理の品質を向上できるでしょう。これらの取り組みにより、在庫管理の効率と精度が高まり、ビジネスの安定性・成長を支えることに繋がります。

人材不足

在庫管理における課題の一つに、人材不足も挙げられます。

企業では、在庫管理システムを適切に管理できる専門人員が不足していることも少なからずあるでしょう。近年の在庫管理は高度な技術と精密なデータ分析を必要とするため、これらを効率的に扱うことができる専門知識を持ったスタッフが不可欠です。

システムを管理するための適切な人材が不足すると、在庫の正確性が低下、顧客満足度低下に繋がります。

この課題への対処法として、在庫管理に精通した人材の確保と、専門のアウトソーシングサービスを導入することが有効です。適切な人材の確保とシステムの最適化を行えば、在庫管理の課題を克服できるチャンスがあるのです。


物流倉庫の運用でよくある課題とその解決方法

物流倉庫の運用は、数々の課題に直面しがちです。どのような課題があるのか、そしてそれらにどのように対処できるのか、探ってみましょう。

ts-base.net

og_img


在庫管理の課題への対処法

ここからは、在庫管理の課題への対処法を紹介していきます。

業務標準化

1つ目は、業務標準化です。

在庫管理では、マニュアルや手順書を作成して、関連する全ての業務で共通した手順を行い、一定の品質を保つことが重要です。標準化された業務手順は、作業員間での業務一貫性を保つのに役立ちます。

業務マニュアルは、在庫の入出庫・監査・データ記録などにも役立ちます。標準化されたマニュアルがあれば、新たな作業員が迅速に業務に適応できるようになることはもちろん、既存の作業員も一貫した方法で業務を遂行できるようになります。また、業務の標準化は、誤りの発生を減少させ、全体的な運営効率を向上させる効果も期待できます。

標準化手順の導入により、在庫管理はより透明性が高くなり在庫過不足を防ぎ、業務品質と効率を向上できるのです。

システム導入

2つ目は、システム導入です。

在庫管理ができるシステムを導入すれば、在庫数の精度と業務効率を向上できます。システムは、入出庫の追跡・在庫レベルの監視・需要予測など重要な機能を提供でき、在庫の過剰や不足を防ぎ、より効果的な資源配分を実現できるのです。

例えば、バーコードスキャナーや RFID タグを導入すれば、入出庫のプロセスを迅速にできます。TS-BASE 受発注を導入すれば、デジタル技術による一元管理で、業務効率化とコスト削減を簡単に実現できるのです。

在庫の透明性を高め、在庫管理の効率性を向上するためには、システム導入は欠かせないでしょう。

課題を解決する在庫管理機能が搭載されたシステムの選び方

ここまで、在庫管理の課題と対処方法を紹介しました。それでは、実際にはどのようなシステムを選べば良いのでしょうか。ここからは、課題を解決する在庫管理機能が搭載されたシステムの選び方を紹介していきます。

コスト

1つ目は、コストです。

システムを選択する際は、コスト削減可能かを検討するべきです。

例えば、自動化機能やデータ分析ツールが組み込まれたシステムは、手動で作業する時間や人為的ミスを削減することで、より迅速に在庫管理を行えコスト削減効果を期待できます。

また、システムを導入することで、どれくらい作業員の負担が減るのか、人員配置の見直しでどれくらいのコスト効果が期待できるのかを検討することも大切です。

システムを導入するときは、コスト削減効果を確認しましょう。

担当者の負担軽減

2つ目は、担当者の負担軽減です。

業務をデジタル化・自動化することで、手作業による時間と労力の消費を減少できます。効果的なシステムは、入出庫の追跡・在庫監視・データ分析といった日常業務を自動化するため、作業員がより戦略的なタスクに集中できるのです。

システムには、人によるデータ入力の誤りを減少させ、情報の精度を高める効果もあります。また、リアルタイムな在庫情報を提供することで即座の意思決定が可能となり、全体的な作業効率が向上するでしょう。

簡単に操作できるシステムを選べば、作業員は迅速に業務に取り組めます。システムの使用に関するトレーニング時間も少なく済みます。

作業員担の負担を軽減できるシステムを導入すれば、生産性の向上はもちろん、従業員満足度向上にも繋がるのです。

サポート体制

3つ目は、サポート体制です。

システム導入時には、設計・導入・運用の各段階で専門スタッフによる伴走サポートが重要です。伴走サポート体制があれば、システム導入時の自社負担を軽減し、運用上の問題・疑問発生への迅速な対応を可能にします。

伴走サポートをはじめ、優れたサポート体制を持つシステムを導入すれば、カスタマイズの相談・トラブルシューティング・アップデート実施など、柔軟な運用が可能でしょう。


在庫管理の基礎知識 | 目的・やり方・システムのメリットなどを解説

店舗や倉庫などに保管する在庫は、必要なタイミングで必要な量・個数の商品を提供できるよう、常に十分に確保しておく必要があります。一方で、過剰な在庫は保管スペースの圧迫や管理コスト増大などにつながるため、適正に管理することが重要です。この記事では、在庫管理の目的や基本のやり方、適正に管理するメリットなど、在庫管理業務に携わる上で知っておくべき基礎知識について解説します。システムを活用した効率的な在庫管理方法についても紹介しているので、ぜひ参考にしてください。在庫管理とは在庫管理とは、企業や個人との取引に備えて商品や資材、原材料などの数や量、状態を適切な水準に保つことを指します。必要なときに必要なものを必要な数・量で即時提供できるように、ものの出入りや保管場所、期限などを管理します。在庫管理は最も重要な業務の1つである一方、需要予測の誤りや予測不可能な事態の発生などにより過剰在庫や品切れが発生することも多く、適正な在庫管理は容易ではありません。そのため、各現場ではパッケージタイプの在庫管理システムや自社の業務要件にあわせて作られた在庫管理システム、Excelシートなどを用いて、適正な管理に努めています。在庫管理の目的在庫管理の目的は、一言で言うと「利益の最大化」です。仮に在庫管理が適正でなく、過剰在庫や在庫切れが頻繁に起きているとしましょう。過剰に在庫を抱えることは、それだけ余分な保管スペースや管理コストを要することを意味します。また、在庫切れは注文キャンセルや納期遅延の原因となり、顧客満足度低下や顧客離れを引き起こします。過剰在庫と在庫切れはどちらも利益向上の足かせとなる要素であり、事業の成長を遅らせかねないのです。適正な在庫管理によるメリット利益の最大化を目的として行う在庫管理ですが、適正な在庫管理によって具体的にどのようなメリットがもたらされるのでしょうか。ここからは、在庫管理の適正化・効率化によるメリットを詳しく解説します。余剰在庫の削減在庫管理には、倉庫などの保管スペースの賃料、管理にかかる人件費、余剰分の処分や返品にかかる費用など、さまざまなコストが発生します。また、保管スペースに在庫が溢れている状態では、受注時のピッキングや定期的な棚卸にも余計な手間と時間がかかります。在庫の保管に業務スペースが圧迫され、他の業務に支障がでるケースもあるでしょう。このため、在庫を適正に管理し、コストの増大や業務の非効率性を生む要因となる余剰在庫を防ぐことが重要です。品切れ・欠品による機会損失の防止ずさんな在庫管理は「何がどこにどれくらいあるのかわからない」「いつ何がどれくらい必要になるのかわからない」という状況を生み出し、結果として品切れや欠品につながります。品切れや欠品が起きれば、注文時に顧客の要望に迅速に応えることができず、注文をキャンセルや注文の一時受付停止などをせざるを得なくなるでしょう。つまり、在庫を適正に保つことは販売機会の損失を防ぐ意味でも欠かせないのです。キャッシュフローの安定在庫は仕入れや管理にコストが発生する一方で、出荷や販売がされない限り売上にはつながりません。それどころか、賞味期限や使用期限があるものの場合、時間とともに商品価値は低下していきます。会計上、在庫は企業の資産として扱われますが、それは他の事業の予算や経費の支払いに割り当てられないものです。このため、必要以上の在庫を抱えれば抱えるほど、企業の資金は「動かせない資産」である在庫に拘束されてしまうのです。適正な在庫管理によって在庫の回転率を最適化することで、キャッシュフローが改善し、資金を他の事業に割り当てられるようになります。生産性の向上適正な在庫管理は、業務の無駄を省き、全体の生産性の向上につながります。入庫や出庫、棚卸などの作業にかける時間を最小限に留め、人的ミスや品切れなどによるトラブルやクレームを防ぎます。業務効率化は現場で働く社員やスタッフの負担軽減にもなる他、空いた時間を他の業務に割り当てることも可能です。在庫管理の基本のやり方在庫管理と一口に言っても、具体的な作業は多岐に渡ります。作業の方法やルールも現場ごとに異なりますが、ここでは一般的に在庫管理として行われている作業について解説しましょう。ロケーション管理ロケーション管理とは、商品や資材などの在庫品を置く場所(ロケーション)を決め、それぞれのものの位置の管理や、所定の場所への格納をする作業です。主に在庫品の入荷や倉庫内のレイアウトの見直しなどの際に行われます。各在庫品はIDやバーコードなどで識別され、どこに何があるのかを一目でわかるようにすることで、スムーズなものの検索や取得、格納が可能です。ロケーション管理には、品ごとに保管場所を固定して管理する方法と、入庫や出荷のたびに柔軟に保管場所を変更する方法があります。発注管理発注管理とは、在庫状況にあわせて新しく商品や資材などを注文し、在庫を補充する作業です。発注を行うタイミングは、以下のいずれかのルールに従うのが一般的です。定量発注方式:在庫の数量が一定数以下になったときに在庫を発注する定期発注方式:一定期間ごとに状況を確認し、そのときに必要な数量を発注する発注管理の目的は、在庫切れや欠品を防止するために必要な在庫レベルの維持です。最新の受注情報や需要予測、トレンドなどをもとにした適正な発注管理は、必要十分の在庫レベルの維持、コストの最適化や機会損失の防止につながります。入出庫管理入出庫管理とは、在庫品の入庫と出庫のプロセスを管理する作業です。入庫時には荷受け、入庫データの登録や検品など、出庫時には発送や在庫数の更新などを行います。在庫の増減や移動に関する情報の把握は、発注を適切なタイミングで行ったり、在庫状況にあわせて注文受付を調整したりするために重要です。最新の在庫情報を関係部署間で共有することで、品切れや在庫過剰のリスクを最小限に抑えます。棚卸棚卸とは、在庫の個数や状態を実際に確認し、データと一致しているかを確認する作業です。棚卸は、年に数回または季節ごとに実施されるのが一般的です。どれだけ正確なデータの更新を心がけていても、日々多くのものが出入りしていると、現状とデータに差異が生まれることもあります。このため、定期的にデータとの整合性を確認し、データに誤りがないか、在庫の品質や状態に問題はないか、在庫情報の管理方法に問題がないかなどを確認することが重要です。返品管理返品管理とは、顧客から返品された商品や、一度入庫した在庫の返品などを管理する作業です。顧客からの返品については、コールセンターなどで受け付けた返品情報を元に、返品商品の荷受けやチェック、データ処理などを行います。在庫をメーカーなどに返品する場合は、返品対象のピックアップや梱包、発送、在庫情報の更新などを行います。返品処理は、商品の入荷や出荷と同じく、ものの出し入れが発生する作業です。加えて、返金処理なども必要になるため、スムーズに対応できるように関係部署の連携が重要です。在庫管理システムのメリット在庫管理はExcelなどで手作業で行うことも可能ですが、より効率的・効果的に行うのであれば、在庫管理システムの活用がおすすめです。ここからは、在庫管理システムの活用メリットについて解説します。ヒューマンエラーを防止できる在庫管理システムは、誤入力や勘違い、作業忘れなどのヒューマンエラーの防止に効果的です。例えば、バーコードスキャナーやRFID(Radio Frequency Identification)を用いれば、ものの情報を即時に、正確に読み取ることができ、入庫・出庫管理や棚卸をスムーズに行えます。また、在庫補充のタイミングやルールをシステムに設定しておけば、条件に合致した時点でメッセージが表示されるといった仕組みがあり、発注し忘れによる在庫切れを防ぎます。ヒューマンエラーの防止により、トラブルの発生やミスの後処理作業も未然に防げるため、業務効率化や顧客満足度の向上にもつながるでしょう。常に正確な在庫数を把握できる正確な在庫情報の把握と共有は、スムーズな取引に欠かせません。情報共有が不十分であると、在庫が不足しているにも関わらず注文を受け付ける、在庫の補充後も「入荷待ち」として注文見合わせのままにしてしまうといった事態が起こります。在庫管理システムを活用すれば、受発注管理業務や在庫管理業務に関わる全ての関係者が、常に正確な在庫数を把握できるようになります。インターネットとWebブラウザがあれば情報にアクセスできるため、倉庫や店舗、外出先などからの在庫確認も可能です。正確な情報共有により、期限が近い商品を割引したり、過剰在庫を在庫が不足している別の倉庫に移動させたりなど、部門間や拠点間の連携も促進されるでしょう。管理コストや人件費を削減できる在庫管理システムによって、これまで手で行っていた作業のシステム化や効率化が可能になり、管理コストや人件費の削減につながります。効率化により生み出されたリソースをより重要な業務や新しい事業に投資し、事業をより加速させていくことができるでしょう。作業の自動化は、現場社員やスタッフの仕事を奪うものではなく、より意義のある仕事に割り当てられるという意味があります。より重要で高い能力が求められる業務に従事できることは、彼らのキャリアにとってもメリットとなるでしょう。業務の属人化を防げるシステムによる在庫情報の一括管理は、業務の属人化を防ぎ、標準(マニュアル)化を促進します。システムに全ての情報が集約されていれば、担当者間の情報共有や社員の退職や異動に伴う引き継ぎ、休暇中のサポートもスムーズに行えます。個人の知識やスキルに依存しない業務フローの確立と、より確実な受発注管理や在庫管理が実現するでしょう。在庫管理システムのメリットについては、こちらの記事でも詳しく解説しています。ぜひあわせて参考にしてください。在庫管理はシステム活用で効率化適正な在庫管理は、生産性の向上やコストの効率化、顧客満足度の向上に不可欠な要素です。ロケーション管理や入出庫管理、棚卸などの各作業を適切に行うことで、余剰在庫や在庫不足の防止につながります。一方で、季節や時代、トレンドによって変化する顧客ニーズに柔軟に対応することは簡単ではなく、在庫管理業務には、作業やコストに無駄が生じてしまいがちです。発注のタイミングや数量が現場担当者の判断に委ねられているアナログで非効率な在庫管理から脱却したい業務を標準化し、部門間や拠点間の連携を強化したいこのようなお悩みやご要望をお持ちの方は、ぜひ「TS-BASE 受発注」を販売する竹田印刷にご相談ください。TS-BASE 受発注は、受発注システムと倉庫管理システム(WMS)が一気通貫となったシステムです。受注・発注から倉庫管理、物流・配送まで、企業の受発注業務をワンストップでサポートいたします。TS-BASE 受発注には、ロケーションの目安となる「棚ラベル」の自動生成、在庫数が発注点を下回った際のリマインド、使用期限を加味した出荷指示などのさまざまな機能が搭載されています。入荷時の在庫数と出荷実績から、倉庫に実在する在庫数や出荷準備中の在庫数などを自動で算出するため、ミスが発生しやすい手作業をできるだけ削減可能。もちろん、注文システムや管理システムなどにもリアルタイムで同期されます。導入時には経験豊富な担当者がお客様の業務やお悩みをヒアリングし、50種類以上ある豊富な機能から最適な利用方法をご提案いたします。ぜひお気軽にお問い合わせください。

ts-base.net

og_img


在庫管理で課題を感じているなら、TS-BASE 受発注がおすすめ

本記事では、在庫管理の課題と対処方法、システムの選び方を紹介しました。

在庫管理では、在庫過不足・検索性の低さ・人為的ミス発生・業務品質バラツキ・人材不足など、多くの課題を抱えています。対処方法として、業務標準化、システム導入、そして適切なシステムの選択が重要です。コスト削減の可能性や担当者の負担軽減、そして充実したサポート体制を重視してシステムを選びましょう。

TS-BASE 受発注は、柔軟なカスタマイズ性と手厚いサポートが可能です。2024年で創業100周年を迎え、高い実績がありますので、安心してお任せください。

TS-BASE 受発注の無料トライアルはこちらから


無料トライアルのお申込み|TS-BASE

TS-BASE 受発注の無料トライアルをご希望の方はお気軽にお問い合わせください。

ts-base.net

og_img


  • post

    TS-BASE編集部さん

    TS-BASEシリーズの促進を目指し活動しています。

導入をご検討の方は
こちらから

cta画像01 cta画像02
CTA画像